UR賃貸のマルチハビテーションと収入要件緩和

田舎に家を持ちたいという人、多いですよね。

たとえば会社をリタイアし、奥様と一緒に都市で暮らしているというご夫婦が、別荘などとして活用できるようなところがあったら・・・

別荘を購入する費用なんて、このご時世です。

皆さん躊躇されると思いますが、UR賃貸のマルチハビテーション制度なららくらく利用できます。

マルチハビテーション制度というのは、セカンドハウス利用制度というものです。

【参考ページ:http://www.hilife.or.jp/wordpress/?p=2451

これまでは、生活の本拠地として利用する目的のみに絞られた賃貸だったのですが、このマルチハビテーション制度はセカンドハウス、つまり別荘などとして利用できる制度なんです。

そこでずっと暮らすということではないけれど、セカンドハウスとして田舎にこうした賃貸を持っているというのも素敵です。

通常は都市部で暮らし、土日などの休日にはUR賃貸で田舎に暮らす。

こうした優雅な生活をリーズナブルな賃貸価格で利用できるのが、UR賃貸です。

希望するUR賃貸の家賃の10倍以上の貯えがあれば利用できます。

一定額の収入があるという人だったら、家賃の50倍の貯蓄額で利用できるという魅力あふれる制度です。

楽しい余生を・・・という方などに最適な賃貸となります。

UR賃貸の魅力はハウスシェアリングにあり

今学生さんたちや若い世代の方々に人気となっている賃貸システムが、ハウスシェアリングです。

このハウスシェアリング制度があるのが、UR賃貸です。

[関連リンク:http://www.ur-net.go.jp/kanto/housesharing/adult/

若い世代以外にも、ご高齢者の仲良しの方々が、一人暮らしではなくある程度の人数で仲良く暮らしたいというときに役立ちます。

ご両親が遠くに離れているという場合でもハウスシェアリングでほかの人と一緒に暮らしていると思えば、安心ですよね。

これまでもUR賃貸では、このハウスシェアリング制度が利用できたのですが、以前は親族での活用のみだったのです。

お友達と暮したくても無理だったのですね。

でも現在は親族だけじゃなくお友達などでも利用できるようになっています。

複数の方と一緒に暮らせば、家賃はその方々と割ればいいのですから、経済的にも助かりますね。

若者も今、現代のお給料で一人暮らしとなるとかなりきつい状態になります。

社会人となった今でも、親からの仕送りがないとやって行けないという若者もいます。

でも、UR賃貸のハウスシェアリングなら家賃もお友達と割ればいいのですから、楽に利用できますね。

UR賃貸のハウスシェアリング制度を利用して、快適な暮らしをしている人、本当に多くなっているのですよ。