UR賃貸のマルチハビテーションと収入要件緩和

田舎に家を持ちたいという人、多いですよね。

たとえば会社をリタイアし、奥様と一緒に都市で暮らしているというご夫婦が、別荘などとして活用できるようなところがあったら・・・

別荘を購入する費用なんて、このご時世です。

皆さん躊躇されると思いますが、UR賃貸のマルチハビテーション制度なららくらく利用できます。

マルチハビテーション制度というのは、セカンドハウス利用制度というものです。

【参考ページ:http://www.hilife.or.jp/wordpress/?p=2451

これまでは、生活の本拠地として利用する目的のみに絞られた賃貸だったのですが、このマルチハビテーション制度はセカンドハウス、つまり別荘などとして利用できる制度なんです。

そこでずっと暮らすということではないけれど、セカンドハウスとして田舎にこうした賃貸を持っているというのも素敵です。

通常は都市部で暮らし、土日などの休日にはUR賃貸で田舎に暮らす。

こうした優雅な生活をリーズナブルな賃貸価格で利用できるのが、UR賃貸です。

希望するUR賃貸の家賃の10倍以上の貯えがあれば利用できます。

一定額の収入があるという人だったら、家賃の50倍の貯蓄額で利用できるという魅力あふれる制度です。

楽しい余生を・・・という方などに最適な賃貸となります。